不倫

おすすめサイトランキング

99point不倫
パラレル

パラレル

今一番出会いが見つかる不倫サイトです!検索機能を使って理想の相手を簡単に見つけることができます。

詳しくはこちらから

94point不倫
ステップ

ステップ

近所で出会いを見つけたいならこの不倫サイト!好きな地域を入力するだけでその近くにいる人を見つけることが出来ます。

詳しくはこちらから

86point不倫
らぶらぶメール

らぶらぶメール

利用者の年齢層が幅広い不倫サイト!タイプ別で相手を探せるので必ず好みの人が見つかります。

詳しくはこちらから

結末はかなり違うようです

結末小説家の中には不倫を題材にした作品を書く人が多いのですが、なかには実践してしまうひともいました。
有名どころでは太宰治がいます。
カフェの女給と入水自殺を図り本にのみが生き残り、結婚後には不倫相手と入水自殺をすることになります。
太宰は切望した芥川賞を不倫の事実よって逃すことになり、果ては不倫相手が彼の意をくんで入水したのではないかと言われています。
女性の中では与謝野晶子が思い出されます。
夫となった与謝野鉄幹にはすでに妻子がありましたが、晶子は与謝野との不倫を続け、当時としては衝撃的な作品「みだれ髪」を発表します。
いまではCMのフレーズでもおなじみの「やは肌のあつき血汐に……」が載っている名作と言われていますが、当時は不倫をうたった歌として賛否両論だったそうです。
その後晶子は不倫関係を全うして正妻となり、12人の子を産むことになります。
現代では尼僧の寂聴が有名です。
子宮作家と蔑まれた彼女は不倫を繰り返し、やがて51才にして男断ちの決意をしてキリスト教に入信し修道女を目指そうとしますが、過去の不倫騒動が災いして仏門に入ることになります。
尼僧となってからも流行作家として作品を発表しつづけています。
作家にとって不倫経験は文筆の糧なのかもしれませんが結末はかなり違うようです。

必ずOKが返ってきます

OK最近はママ友とカフェで高級ケーキを食べるのが人気となっているらしいのです。
家庭に入り子育てをしていると、「身になるもの」に価値観がうまれ、味や飾りつけよりもボリュームや価格に目が行ってしまい、高級ケーキなどはぜいたく品のような気がしてきます。
切り詰めた家計をやりくりしながら考えてみると、1個500円程度の贅沢くらいは問題じゃないと思えますが、1個だけ買うのは気恥ずかしいものです。
ところが周りを見渡すとカップルばかりで、そんな時に男性から声をかけられると友人もいることから気楽にOKを出してしまいます。
実は不倫目的のナンパ先に、有名パテシエのいるカフェが流行っているのです。
主婦の活動範囲が狭くなっていることから、次のお店の約束をすると必ずOKが返ってきます。
目的の店には空き席が2つだけ、残りの2人は別の店に向かうことになりますが、実際にはホテルに直行して不倫関係となるのです。
もちろんケーキを食べた2人もそのあとは不倫の関係を楽しみ、友人同士はこの不倫の関係を知りません。
何度か会うとパテシエの店に用事は無くなり、友人2人は約束地点まで行くと、お互いの不倫相手と一緒になり別行動で楽しむことになります。
お互いにアリバイだけは完璧で不倫相手との楽しいデートができることになるのです。

事実は否定しなかったようです

事実小説や映画などの架空話をしても意味は無いでしょうが、史実の中にはマル秘の文書を盗る話が出てきます。
最近ドラマでクローズアップされた沖縄の基地返還に伴う日米の秘密文書をすっぱ抜いた記者について、外務省職員との不倫から情報漏えいを計ったとして、真贋よりも手法によって批判されジャーナリストとして追放された経緯が出ていました。
また最近では公共放送の女性記者が取材先から不倫によって情報をとったとして処分されたということもありました。
取材先の警察幹部は「情報漏えいは無かった」とコメントを出していましたが、不倫の事実は否定しなかったようです。
このようの男女を問わず、相手の弱みに付け込んで情報をとるために、既婚者との不倫を情報収集の手法にしているジャーナリストもいます。
重要な情報の前には、身体は単なる道具と思っているのかもしれません。
それが職を解かれた時に初めてコトの重大さを認識し、不倫の関係に公開することになります。
ちなみにどちらのケースも職を投げ打つことになり、しかも不倫相手の家庭は崩壊してしまいました。
現実社会では、ドラマのようなイケメン探偵が美女をたぶらかして情報を手に入れ、その美女と結ばれるようなハッピーエンドは用意されていないようです。

厳しい世間の目が無いと

厳しい政治家の不誠実なニュースが流れると無性に怒りがこみ上げてくるのは、選ばれたものに対する期待の表れから、裏切り行為を許さないと言う意思表示なのかもしれません。
ところがこの政治家は賄賂と不倫を好みます。
金の問題と女の扱いについては古来よりだらしないと言うほかないでしょう。
現在でいえば賄賂、むかしの言葉では袖の下を受け取り、公権力を私物化していたのです。
また現在の不倫、妾宅を構え2号どころが3号.4号と抱えていた政治家もいたようです。
今では賄賂を受け取ったことが公けになれば処罰されますが、不倫については男の甲斐性のように扱われ処罰されることも無く、場合によっては不倫でできた子供が跡継ぎとなることだってあるのが政治の世界のようです。
「英雄色を好む」という諺がありますが、英雄となっていない末席の政治家であっても好色になっているのはどういうことなのでしょう。
政治家が不倫の関係を作るという事は、色のために賄賂を受け取り、その女のために政治が曲げられることになります。
不倫についてもっと厳しい世間の目が無いと、いつまでたっても不誠実な人間がこの国を動かすことになるのです。
誠実に生きる政治家こそがこの国を動かしてほしいと思うのは、有権者みんなの願いなのではないでしょうか。

不倫相手を尋ねる人もいる

尋ねる会社勤めの中で最も厳しいのが単身赴任です。
子どもがいないときには夫婦で転勤していましたが、子供の成長とともに単身を選ばざるを得ない状況になります。
ところが一度単身赴任を経験すると満更悪いものでもないことが分ります。
調理は得意ですが話し相手が欲しくなって外食中心となってきます。
常連の店は1〜2軒あれば十分です。
毎日通えば、そこのママも情が移りやがては不倫の関係となります。
適度な間隔をとりながら大人の付き合いができ、男やもめの単身赴任を謳歌します。
転勤は数年おきに来るため不倫よるトラブルはおきません。
離れた土地に行くほど自由度が高まり、赴任先の仕事よりも新しい不倫相手を物色することに使命感を持つことになります。
何年か転勤生活を続けると本社勤務となるため、数年間は自宅から離れられなくなります。
休暇になると単身赴任で培った趣味のカメラを片手に、元の不倫相手を尋ねる人もいるようです。
もはや妻の身体では満足できず、落ち着いて過ごせる先は不倫相手の部屋なのです。
転勤族が定年退職すすると抜け殻のようになってしまうのは、一生懸命仕事に取り組んできたからではなく、不倫相手と楽しめなくなる人生の終焉がそうさせるのです。

Copyright© 2014 不倫相手を探すならアシュレイ・マディソンよりココ! All Rights Reserved.